旬の特集
旬の特集
文書作成日:2021/05/25


 約束手形(以下、手形)を利用しながらもその実、利用をやめたいとも考える企業が多いようです。ここでは、2021年3月に発表された報告書(※)から、手形を利用している企業の利用に関する意向をご紹介します。




 上記調査結果から、手形の利用意向をまとめると、下グラフのとおりです。
 「やめたい」と「やめたいがやめられない」をあわせた割合が、受取人で90%を、振出人で75%を超えました。





 次に、受取人と振出人のそれぞれの理由の上位3つをまとめると、下表のとおりです。
 受取人の回答で最も割合が高いのは、やめたい理由は「不渡りのリスクがある」、やめたいがやめられない理由は「振出側が手形による支払を希望している」でした。
 振出人では、やめたい理由は「手形帳代金・印紙代等が負担」、やめたいがやめられない理由は「電子記録債権にしたいが受取側が利用していない」が最も高くなりました。


 政府のワーキンググループの資料から、2026年をめどに手形の利用廃止を進める意向であることがわかります。手形を利用している企業では、対応をしていく必要があるでしょう。


(※)中小企業庁「約束手形をはじめとする支払条件の改善に向けた検討会報告書
 ここで紹介した数字は、報告書掲載のアンケート調査(2020年9月に中小企業庁が実施した、日本国内の企業を対象とする支払の実態に関するアンケート調査)で、大企業158社、中小企業3,192社の回答結果によるものです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
岩尾宏税理士事務所
〒870-0820
大分県大分市西大道
       4丁目1番27号
TEL:097-546-8833
FAX:097-546-8832
 
 
 
楽しい給与計算